2007年07月18日

八月の空



詞・曲 茨木剛史©
2007/07/18 Release

(1)
通り雨が窓の向こうで静かに泣いている
水たまりに浮かべた「あの日」音も立てず流れていく

街灯にゆれる人影
目をこらしても見えてこない君

いくら声を枯らしても届かない僕の想い
どれだけ離れていくの?追いかけるだけ
今はそれだけ

(2)
八月の空は青くて星がきれいに咲いてる
朝露が教えてくれた笑う日もあれば泣く日も

はるか彼方へ投げ捨てた
やりきれなく過ぎていく日々

いくら虚勢を張ってもむなしさで苦しくなる
どれだけ雨に濡れても僕の傘は
開こうとはしてくれなくて

通り雨が窓の向こうで静かに泣いている
続きを読む
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:29| Comment(4) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

波しぶき



詞・茨木たかし© 曲・茨木剛史©
2007/05/22 Release

砂に刻んだ あなたの名前
波がさらっていくのを
なすすべもなく
眺めているぼくは

どこからか流れてきた
くすんだ木切れが
浜にぽつんと打ち上がるのを
静かに見つめているぼくは

行き場のない怒りと
やり場のないもどかしさと
すべてを海に捨てて
明日の進路を
ただ風にまかせるだけ
もっともっと吹いてくれ
波しぶきと共に

砂に刻んだあなたの名前
波がさらっていくのをなすすべもなく
ずっとずっと
眺めている僕は
波しぶきと共に
ラベル:Release
posted by support-spirits at 12:38| Comment(3) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

叶うはずのない夢

歌詞の掲載を忘れていたとの指摘があった模様。管理人の方でもすっかり見落していました。スミマセン。> 各位

「叶うはずのない夢」

詞・曲/茨木剛史©

どこかへと続く道を歩いてる
叶うはずのない夢握りしめて

枯れ葉舞う公園のベンチで
いるはずのない君の後ろ姿

立ち止まらずに進み続ける日々
僕の心とは 裏腹に

すべてを自分だけのせいにして
苦しむ毎日にさよなら
風にゆられてどこまでも
流されてみようかな


来るはずのないバスを待ってる
どこどもいいから遠くへ

過ぎ去っていく見慣れた景色に
戻りたい気持ち抱いて

迷うことなく進み続ける日々
僕の想いと かさなり逢う

離さないと誓った僕
離してしまった君の手
風に吹かれてどこまでも
飛ばされたい 記憶

どこかへ続く道を歩いてる
叶うはずのない夢握りしめて
posted by support-spirits at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | texts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

リクエスト

先に断わっておきますが、このエントリはネタです。(を

リクエストそのいちは_ライブ_やらんの?という事。ワタシは那覇在住の者なんですが、こっちは気候が暖いからなのかは分かりませんが国際通りあたりでは色んな人達が路上ライブをやっています。
やっぱドンバはライブだろ、と♪

リクエストそのになんですが、これは又そのうちに。(何
posted by support-spirits at 20:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ネタに困りロゴを作ってみた

SpiritsBETA.png
Web2.0 風のロゴです。何故に beta なんだ、というツッコミはご勘弁下さいまし。
posted by support-spirits at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

この時代で



詩・曲/茨木剛史©
2007/04/07 Release

Voice of Spirits に続き、新曲リリース。待ちに待っておりました。色々な事情にてリリースが若干遅れました事を、関係者な方々にお詫び致します。
歌詞も以下に。

(1)

毎日同じように遊び

同じ楽しみを味わっている

「安らぎ」という言葉を知っているのかな?

好きなことやったり

自分のやりたいこと楽しんでる

そんな日々がずっと続く日々を待っているのかい?



少しの努力もしないで

少しの苦労もしないで

そんな日々が来ると思うのかい?



(※)

ああもう 君のこと考えすぎて

ああもう 自分を忘れかけてた

明かりの消えないこの時代で



(2)

いつも同じこと言われて

同じ気持ち抱いている

同情したいけど君の気持ちがわからない

ひとのことは何でも言えて

自分のことは何もできない

都合のいいことはいつでもできるけど君はどうたい?



自分を見つめないで

自分を知ろうとしないで



自分の気持ちに素直になれるのかい?

ああもう君が去っていって

ああもう会うことはできないのか

それぞれの人生をこの時代で



(※くりかえし)



■(禁無断転載)
ラベル:Release
posted by support-spirits at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Voice Of Spirits

ひさびさに、なソレをお楽しみ下さい♪

ラベル:VOS
posted by support-spirits at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Voice of Spirits | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

夢 (ゲストブログ by ツヨシ@Spirits)

正面から音楽と向き合う。
自分の歌声と向き合う。
自分の楽曲と向き合う。
自分自身と向き合う。
それが今の夢です。
日々色んな葛藤がある中で自分なりに築いてきたものも
日々色んな葛藤があるうちに壊れていく・・・
そんな毎日から逃げようとしている自分に気づかないふりしている自分が怖い。
夢から逃げてる?いや、そんなことない。ただ、正面から夢と向き合うことが出来ていない。いつか正面から夢と向き合える日が来ることを信じて・・・日々自分の歩くべき道を探す毎日です。
ラベル:guestBlog
posted by support-spirits at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | guestBlog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

ぼくらは旅人 (ゲストブログ by タカシ@Spirits)

 友人が旅行代理業を始めた。初主催、初添乗となるバスツアーに、音楽活動のパートナー、ツヨシを誘って参加した。「春の南房総、小湊温泉1泊と花摘みの旅」である。実はぼくは1年前にも下見と友人の実務研修を兼ねたプライベートグループで、このコースを巡っており、今回は参加者募集に協力したのだ。しかし、ツヨシは、そして、下は19歳大学生から、上は大正15年生まれの80歳のご夫婦まで、北は日立から南は厚木まで、とにかくほとんどがバスの中で初対面の団体旅行である。

 今年1月にぼくらSpiritsがリリースした「菜の花畑へ」は、ぼくの作詞だが、その舞台設定のモチーフは、この南房総ののどかで温顔な花摘みルートだった。暖冬や時期のずれで、というか、昨年も今年も実際には菜の花を1本の見たわけではないのだが。

 今はインターネットを使って、割安に最も効率よい方法で、気の会う仲間同士や、個人の目的に合わせて、旅行するのが当たり前になってきたし、そこで魅力をアピールできない産業は、廃業に追い込まれていく時代、ではある。

 ただし、旅の魅力のもう一つは、思いがけない出来事や人や風土・異文化との、出会いとふれあいの偶発性であることを、忘れてはならない。ふたを開けなければ、どんな人間と乗り合わせるかわからない、団体旅行には、そういうエキゾティシズムにあふれており、それはそれで、実に気楽で、わけのわからぬ出会い系や合コンよりはずっと安全格安で、まだ自分の知らない自分をその旅程の中で発見したり出来る。

 つまり、あまりにも個別=privatization=された情報過多な社会の中で、社会適応力を高めるために、一つの有効なSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)ととらえなおすこともできよう。

 バイトして、世界放浪したい、という夢は、誰の心にも、自然と沸き起こるものだが、それを実現可能なのは、ごく限られた一握りの若者である、とあきらめている人々は多い。しかし、自分の身の丈に合う範囲でそれを体験するのに、自分勝手の許されない団体ツアーに挑んで見る、元を取るだけ楽しみつくしてやろう、という経験は、むしろ今日、しんせんかもしれない。人生はそのような旅なのだから。

 いつも、同じテリトリーで楽曲作りに取り組んでいるので、たまには違った空気の中で、心の翼を広げてみる、それもいいかなと、相方を誘ったしだい。相方には、大好きなコーラと新鮮な魚介を無制限に堪能し=「旅は別腹」byたかぴょん=だし、久々に温泉三昧できたし…。それより楽しみなのは、相方の音楽創造性にどんな影響があったか、なかったか、次なる楽曲に期待を寄せている。ぼくもぼくなりに、何らかの温泉効果が楽曲に反映できそうな予感が…。ばばんばばんばんば〜ん♪あらよっと。
ラベル:guestBlog
posted by support-spirits at 21:35| Comment(1) | TrackBack(0) | guestBlog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

頂きました!

デビューご挨拶シングル曲集CDが届きました。
Spirits デビューご挨拶シングル曲集CD
posted by support-spirits at 22:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。