2010年12月03日

夢の中、あなた

久々の更新です。リリースコメントを以下に。

皆様、お待たせしました!!
新曲です。
聴いてみてください!!
ではまた!!




『夢の中、あなた』

詞・曲/茨木剛史 ©

離れていてもあなたを忘れない
会えなくてもあなたを想い続ける
今日もまた夢の中であなたを抱きしめる

人を愛することを忘れて やさしさを受け止められずに
悲しみも時間が経てば 消えていくものだと信じて疑わなかった

あなたと出会えて救われた
こんな僕を包み込んでくれた

離れていてもあなたを忘れない
会えなくてもあなたを想い続ける
今日もまた夢の中であなたを抱きしめる

人を愛することに疲れて 笑顔さえも受け入れられずに
切なさで胸が悲鳴をあげても 本当の答えに手を伸ばせずに

あなたを愛してる この言葉は
譲れない かけがえのない僕の希望

遠くにいてもあなたを忘れない
どこにいてもあなたを想い続ける
今日もまた夢の中であなたを抱きしめる
今日もまた夢の中であなたを離さない
ラベル:Release
posted by support-spirits at 23:33| Comment(6) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

水平線(ライブ)

久々のリリース。しかもライブ録音との事です。

ツヨシくんからのコメントは以下です。

皆様お待たせしました。新曲です。
今回の曲は「水平線(ライブ録音)」です。

今回の曲は、作りはじめた時、もう全てが見えていたような、
そんな気がしています。
新曲なのに、出来た瞬間「やっと歌える」そんな気持ちになりました。


僕は待っていたのかもしれません。この曲を。

是非、聴いてみてください。感じてみてください。「水平線」を。

Spirits 茨木剛史




『水平線』
詞・曲/茨木剛史 ©

水平線を越えた先で 僕らは同じ歩幅のままで
永遠を誓い合った あの日のままでいられるのかな

閉じかけたドアをいつも開けてくれたのは
あなたでした

会うたびに別れの寂しさを抱き
遠くへ消えていくあなたを追いかけて
悲しみを分かち合う その度にまた
涙が笑顔に

瞳に映る この道だけを信じて
遠くで呼んでいる僕らの声を頼りに
苦しみを分かち合い 振り返ることなく
ゆっくり 歩いていこう

水平線を越えた後で 僕らは同じ想いのままで
星空に誓い合った あの夜のままでいられるのかな

譲り合った言葉はいつも重なり合っていた
「このままでいたい」

会えない日々の中 生まれていく「声」を
あなたも見ている この空に放つよ
お互いを分かち合う その度にまた
心が晴れていく

これからもずっと あなたを守りたい
あなたと共に見えない未来へ
幸せを分かち合い 手を取り合って
ゆっくり 歩いていこう

水平線は遥か遠く 僕らにもう迷いはない
祝福を告げる光が 僕らに新しい朝をくれる

----

Recording Data:
Spirits Hometown Regular live
2010-02-19
at YAMACHO, TOKYO

Guiter/Takamine TDP-100K-SP (剛史)
keyboard/Rolland EP-U(たかし)

Mixed By Spirits
ラベル:Release
posted by support-spirits at 22:44| Comment(22) | TrackBack(1) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

季節の中に

本当に久々の新曲ですね。リリースコメントは以下です。


みなさん!!
かなりお待たせしてしまいましたが新曲が出来ました!!
是非聴いてみてください。




『季節の中に』

詞・曲/茨木剛史 ©

めぐりめぐる季節の中に

僕は何を見つけたんだろう

おそるおそる踏み出した未来に

僕は何を残したんだろう

夢は見てるだけじゃつかめない


黄色い花が咲いていた

名前を付けてあげよう

見た目じゃなくて目を閉じてイメージして


青色の空が広がっていた

時間を忘れてしまおう

見えるもんじゃなくて目を閉じて心開いて


今までどれだけの日々に涙をこらえてきたんだ

今までどれだけの日々に笑顔をこらえてきたんだ


めぐりめぐる季節の中に

僕は何を見つけたんだろう

おそるおそる踏み出した未来に

僕は何を残したんだろう

夢は見てるだけじゃつかめない


オレンジ色の花が咲いていた名前をつけてあげよう

見た目じゃなくて目を閉じてイメージして


紺色の空が広がっていた時間を忘れてしまおう

見えるもんじゃなくて目を閉じて心開いて


今までどれだけの日々に痛みをこらえてきたんだ

今までどれだけの日々に寂しさをこらえてきたんだ


移り変わる季節の中に僕は何を探したんだろう

震えながら踏み出した未来に僕は何を刻みたいんだろう

夢の険しさ少しだけ感じた


夢は見ているだけじゃ掴めない
ラベル:Release
posted by support-spirits at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

新曲お届け

久しぶりのリリースです。まずはリリースコメントから。

みなさんお待たせしました。
新曲です!!
今回は1曲です。。。
曲のタイトルになっている『月見草』という花。
夕方頃から咲き始め、朝方になると赤く染まりながらしぼんでしまう、
そんな花です。
今回の曲にピッタリなタイトルになりました。
みなさん是非聴いてみてください。




『月見草』

詞・曲/茨木剛史©

1.

名前のない 公園のベンチで歌をうたう 君のために

いつもの場所に 君はいるはずだけど

今は会わないほうがいい

二人の想い 重ね合わせてみても

苦しくなる 目を覆いたくなるくらい

★いつからだろう こんなふうに

嘆くようになったのは 

どこからだろう 君と僕が

違う道を歩み始めたのは

最後にもう一度聴いてほしい

もう聴こえないかな?

2.

見たことのない 花が咲いてる歌にしたい 君のために

いつもの場所に 君はもういないんだ

今は会いたくてしょうがない

あの日の二人 どこへ行ってしまったの

涙が出る もう止まらないよ

★いつの日か 伝えたいよ

僕のすべて君の心に

会えなくても 君が今も

元気でいるのなら それだけでいい

最後にもう一度歌うよ

もう歌うこともないから

名前のない 公園のベンチで歌をうたう 君のために
ラベル:Release
posted by support-spirits at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

新曲です

今回も 2 曲です。まずリリースコメントから以下に。

 事後報告で申し訳ないのですが、4/10(金)に ホームタウン定期ライブ<亀井戸の夜 第5回>を盛況のうちに開催いたしました。次回を5/22(金)午後6−9時、東京・亀戸の山長で、恒例通りに予定しています。

 毎回のホームタウン定期ライブの曲目は、ぼくらのスタンダードな楽曲に加えて、時には半分以上が、未発表曲の初パフォーマンスで構成されています。暖めたり、書き下ろしてきた楽曲に、常連さんを含む聴衆の皆さんが、どんな反応をしてくださるのかが、とても楽しみです。
 ぼくらの自信作が意外と受けなくて、あまり期待していなかった楽曲に、その場でリクエスト・アンコールが飛んでくることもしばしば…。ホームタウンだけに面白い実験的な試みをぶつけるリサーチ道場のように、企画を凝らすようになりました。

 そういう経験を経て、ライブ受けする曲やレコーディング候補曲が見分けられたりする用になりました。そんな第5回の定期で初披露した曲から、今回は2曲をネット配信するために、レコーディングしました。
 アップテンポな『夜を越えて』は、メインボーカル=ツヨシ、ちょいハモ=タカシ、生ギター=ツヨシ、キーボード=タカシで、ノリノリなSpiritsのポッピーな、おすすめ曲で〜す。不況も五月病もぶっ飛ばして、楽しい連休をすごしたいかたにぜひお聴きいただきたいっす。

 もう一つ 『心の奥に』は、ツヨシのバラード・ボーカルを前面に押し出した聴き応えのある楽曲。落ち着いた環境でじっくり聞いていただくのがお勧めです。こちらも、生ギターと生キーボードで、アコースティックに徹しています。

 これからも、意欲的に、ライブもネット配信も、力の限りに繰り広げていきますので、Spiritsへのご支援をよろしくお願いします。

written by Takashi I.




『夜を越えて』

詞・曲/茨木剛史©

眠れない夜を越えて
僕等はまた少し強くなり新しい扉開くのさ

導かれていたような気がしたあの場所
眺めてるだけだったあの頃とは少し違う空の下
想いだけが一人歩きをするあの場所
夢見てるだけだったあの頃とは少し違う空の色

ゆっくりでゆっくりでいいよと風の声

眠れない夜を越えて
僕等はまた少し強くなり新しい扉開くのさ
眠れない夜を越えて
僕等はまた少し強くなりまだ見ぬ「自分」を探すのさ
「信じる心」をしっかりと握りしめて

手招きされていたような気がしたあの場所
追いかけるだけだったあの頃とは少し違う空の下
言葉だけで創られているあの場所
近づけなかったあの頃とは少し違う空の色

焦らずに焦らなくていいよと風の声

眠れない夜を越えて
僕等はまた少し強くなり無限の大地を歩くのさ
眠れない夜を越えて
僕等はまた少し強くなりまだ見ぬ世界へ飛び立とう
「自分の心」をしっかりと握りしめて



『心の奥に』

詞・曲/茨木剛史©

心の奥にある伝えたい想い
大切に大切に

淡く光る空を眺めながら
あなたを思い出すの

「さよなら」したのかな?
涙が止まらないよ
言葉に出せないこの想い
どうすればいいの?

心の奥にある届けたい想い
大事に大事に

降り止まない雨を見つめながら
あなたを思い出すの

出会うことはないのかな?
涙が止まらないよ
言葉にできないこの想い
どうすればいいの?

どこにいるのかな?
元気でいてよ
言葉にしてきたこの想い
いつまでも心の奥に
ラベル:Release
posted by support-spirits at 22:17| Comment(8) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

今回 2 曲です!

久しっぷりのリリースです。しかも標題の通り、今回は 2 曲。順に紹介しますね。
その前にツヨシ君からのリリースコメントを以下に。

皆様お待たせしました。新曲です!!
今回は2曲聴いていただきたいと思います。
2曲ともSpirits定期ライブ「亀戸の夜」で歌った曲です。
是非聴いてみて下さい!!
ではまた!!




『春告鳥』
詞・曲  茨木剛史©

何もない所なのに
めいっぱい空が泣いている
僕の気持ち見えているのかな?
逃げるように流れていく

周りを見渡せば
もう大きな水溜まり
はしゃぐ風を追いかけて 
涙ごまかしてみても

春告鳥は飛んでいく
いくら呼んでも待ってくれなくて
薄れゆく思い出忘れたくない
ここで叫んでも届いてはくれなくて
霞がかったぼくの想いじゃ
あなたの心には


何もない所なのに
めいっぱい空が笑っている
ぼくの気持ち晴れているのかな?
楽しそうに流れていく

どこを見渡しても ほら
大きな飛行機雲
見えない雨に身を隠して
涙ぬぐいとってみても

春告鳥は飛んでいく
きっと呼んでも待ってはくれなくて
消えゆく思い出離したくない
どこで叫んでも届いてはくれなくて
見えてきたぼくの想いでも
あなたの心には
春告鳥が飛んでいく
ありがとう



『愛し愛される日々』

詞・曲  茨木剛史©

愛し愛される日々を望んだ孤独な想いは
涙を流すこともできず今も彷徨ってる
見て見ぬふりをして過ごした毎日
気付かないふりをしてため息の毎日

「ただこのままで」あの時の気持ちは
「何も望まない」あの時の言葉は今どこへ

愛し愛される日々を待ってる孤独な心は
笑顔さえも忘れてしまって今にも消えそうで
わからないふりをして君と話したあの日
迷っているふりをして君と離れたあの日

「ずっとこのままで」あの時の気持ちは
「この手は離さない」あの時の言葉は

「ただそばにいたい」あの時の気持ちは
「ずっと一緒にいよう」あの時の言葉は今どこへ
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

37・3゜C

Sprits サポーターの皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。
ひさびさの新曲です。読みは「37度3分」との事。一発録音だそうです。
とても良いです。是非ご一聴をば。

リリースコメントを以下に。

 寒さも世情も厳しい中、皆様お元気でしょうか。旧年中は、熱い応援をいただき、ありがとうございました。今年も、歌作りに励み、新曲を次々に発表し、ライブでたくさんの方たちとお会いしたいと、Spiritsの二人、きあいぶっこんでます。どうぞよろしくおねがいします。
 新年最初のシングル曲をお届けします。タイトルをご覧の通り、熱気のあまりに曲ができて、なんとなくツヨシが体温計で測ったら、カゼでもないのに、沸きあがっていたんですね。そのまま、曲名になりました。
 昨秋からスタートしたSpiritsの活動拠点である、東京・亀戸でのホームタウン定期ライブ<亀戸の夜>が好評で、ほぼ毎月1回金曜日に開催しています。1/16(金)の第3回も生協のうちに近来遠来のお客様に楽しんでいただきました。毎回ご参加の熱烈サポーターあり、通りすがりに立ち寄ってくださる住民の方あり、です。先日は八十代(!)のお元気なご来場もあり、勇気付けられました。(次回の開催は2/20を予定)
 てなわけで、熱気の中で披露したこの曲を、レコーディングして新曲リリースいたしまする。でも、皆様、くれぐれもカゼやインフルエンザでの発熱にはご注意くださ〜い。では、ご感想などもぜひ[comment]欄(匿名可)に書き込んでくださるとメッチャうれしく思います。では、お聴きください。

Spirits
 茨木剛史/たかし




『37・3゜C』
詞・曲 茨木つよし©

眠れない夜の訪れは あまりにも静かすぎる
守られている場所があるから 心配することなんてないはずなのに
時は刻まれていく 当たり前のように
いつも見ていたあの空だけが 今も残っている胸にそっと
さあここからだっていうのに ねえ涙が止まらないよ
またあなたとめぐり会えたからなのかな?
もうあなたに頼るのはやめよう そう心に決めたはずなのに
またこうしてあなたの顔を見れたせいかな?
笑顔を隠せないんだ

眠れない日々のあやまちは あまりにも大きすぎる
必要とされる場所があるから 振り返ることなんてないはずなのに
過去は流されていく 当たり前のように
いつも探してたあの瞳だけは 今も残っているそばにずっと
さあこれからだっていうのに ねえ涙はいらないよね
またあなたと手を繋いで歩けるのに
もうあなたのこと離さないよ そう心に決めたんだ
またこうしてあなたの顔を見れたせいかな?
永遠を願ってしまうんだ

さあ迷うことはないんだ ねえどこへ行こうか
またあなたの大好きなあの場所へ
もうあの日の景色は見れないけれど そう今日の空だけは
またこうしてあなたとならいつまでも
ずっと忘れないから
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ひとりじゃない

新曲キました♪
リリースコメントは以下です。


皆様お待たせしました新曲です!!
今回の曲は今までとは少し違った感じの曲になっています。
是非聴いてみてください!!




『ひとりじゃない』
詞・曲 茨木つよし©

朝雲広がる今日の空「何か良い事ありますか?」と今日もつぶやく
毎日当たり前に過ごしていて「何か得られるんですか?」と自分に問いかける

「何がしたいんだ?」手探りの日々 期待よりも不安のほうが頭をよぎる
弱虫だと自分を決め付けいて 出来ないからって何かとすぐに諦めている

つらくても怖くても君はひとりじゃない
逃げ出しても後戻りしてもいい君はひとりじゃない
周りを見て未来を見て君はひとりじゃない

朝雲広がる今日の空「自分は変われるんでしょうか?」と今日もつぶやく
毎日当たり前に過ごしていて「明日は必要ですか?」と自分に問いかける

「どうすればいいんだ」手探りの日々 簡単に「頑張れ」なんて言わないで
臆病だと自分を決め付けていて あたたかな光からいつも逃げてしまう

明日もあさっても君はひとりじゃない
歩けなくても走れなくてもいい君はひとりじゃない
涙を見て笑顔を見て君はひとりじゃない

頑張っても頑張れなくても君はひとりじゃない
弱音吐いても泣き崩れてもいい君はひとりじゃない
いつの日もどんな時でも君はひとりじゃない
ラベル:Release
posted by support-spirits at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

今以上には

久々の新曲です。待ってました。



リリースコメントは以下。

皆様お待たせしました新曲です!!
是非聴いてみて下さい!!


『今以上には』
詞・曲  茨木つよし©
2008/09/13 Release

久しぶりに会ったあの日のことを思い出す
どこも変わらない君がそこにいた
手を繋ぐことはもうできないけれど
僕の隣に君がいるそれだけでいい

もう今以上を望んでも
きっと今以上にはなれないから
言いかけた言葉はそっと胸にしまった

当たり前のように君のやさしさ感じたくて
当たり前のように君と歩ける幸せがほしくて
そんなことつぶやいては心の扉そっと閉める

これから今以上を望んでも
きっと今以上にはなれないから
君への想いはそっと胸にしまった

当たり前のように君の名前呼びたくて
当たり前のように君と過ごせる日々がほしくて
そんなことつぶやいては心の扉そっと閉める
ラベル:Release
posted by support-spirits at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

Closed eyes

お待たせしました。新曲です。



まずはリリースコメントから。今回は二人がコメントを寄せてくれました。


茨木つよし

今回の曲は広島ライブをするために広島を訪ねたんですが、その時に出来た曲です。
「平和公園」「原爆ドーム」という場所はどうしても自分の目で見てみたいという気持ちがありました。実際どういう気持ちになったとか、そういうのって言葉にしたら駄目な気がして、でも言葉にしたくて、僕なりの言葉で僕なりの気持ちを曲にしました。
「あの日」を知らない僕らにもきっと出来ることはある。その気持ちを信じて・・・。

茨木たかし

 突発的にレコーディングを思いついて、ツヨシが広島ライブから帰った後に作ったこの曲を、8月6日の音楽活動とした、せめてものレクイエムが、この曲です。
 ライブ前の空き時間にひとり原爆遺跡を散歩してきたツヨシは多くを語りませんでした。ただひとこと、「なぜ広島に来たのか、その意味が分かったような気がする…」とだけつぶやいて。
 ぼくの子どもの頃に訪ねた広島には、まだあちこちに被爆建物がありました。原爆ドームにフェンスもなく、窓越しにのぞいたら、抜け落ちた天井の向こうに、青い澄んだ空がまぶしかったのを記憶しています。子どもでしたから、まだ放射能が残っているに違いないと、なるべく意気をしないようにこらえっていました。実は慣れない都会の大気のよどみが、そんなイメージをわかせただけでしょうが。
 世界初の被爆都市・広島、世界最後の被爆地であってほしい長崎。自らも大事な人たちをも、犠牲・被害にさらされたのに、被爆者たちの語りはいつも穏やかで静かで、その瑕の消えない深さに、必ず何かを伝えてもらっています。憎しみや憤りをどんなに激しく絶叫してもいいはずなのに、静かなのです。
 人間が犯した取り返しのつかない過ちによって、私たちは一瞬にして人生すべてを傷つけられました。過ちをするのも、傷つくのも、私たち人間なのです。なくなった無念の被爆者たち、…それは家族や恋人や友だちだったのですが…、その願いはただひとつ、もう二度とこんな過ちを繰り返さないで、それを世界中、子々孫々まで語り継いでつかあさいよ…。もう二度と繰り返しちゃあいけんのじゃけえね。
 今回の歌にツヨシが詩に託してぼくらがお届けするSpiritsは、そんな人たちからの伝言です。


『Closed eyes』
詞・曲  茨木つよし©
2008/08/07 Release

眠れないそんな日があった 暗闇の中で震えてた
さようならそんな日があった 最期の勇気ふりしぼり声を上げてた

涙流して消える「いたみ」なんてどこにもなかった
涙拭いて笑える「場所」なんてどこにもなかった
伝えていくんだ まだ見えぬ光の先へ

Closed eyes ここから見上げた空に
どんな明日が描かれようとも
Closed eyes 僕等は歩き続ける
どんな未来が待っていようとも
もう戻れない「あの日」があるかぎり

忘れないそんな日があった 手探りだけじゃ歩けない
残したいそんな日があった 胸に刻んで遥か彼方へと

涙こらえて消える「いたみ」なんてどこにもなかった
涙一粒で救える「場所」なんてどこにもなかった
伝えていくんだまだ見えぬ光の先へ

Closed eyes これから見上げる空に
どんな明日が描かれようとも
Closed eyes 僕等は歩いていける
どんな未来が待っていようとも
もう戻れない「あの日」があるかぎり

Closed eyes そこから見上げてる空に
どんな明日が描かれているの?
Closed eyes 僕等は歩いて行くよ
どんな未来が待っていようとも
もう戻れない「あの日」があるかぎり
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

夏を告げる風

夏ですね。久々のリリースです。

Spirits からのリリースコメントです。

皆さん長々とお待たせいたしました!!
是非聴いてみてください!!よろしくです!!




『夏を告げる風』
詞・曲 茨木つよし©
2008/07/17 Releasee

何を抱きしめたの?誰を抱きしめたの?
何を抱きしめていたの?誰を抱きしめていたの?

記憶の中で君を探してはみたけれど
逃げていくんだ全てがだから今僕にできることは

夏を告げる風になって君のもとへと
青い空輝く太陽と共に
夏をはこぶ風になって君のもとへと
笑って振り返られる思い出と共に見守るよ遠くから

恋を抱きしめたの?愛を抱きしめたの?
恋を抱きしめていたの?愛を抱きしめていたの?

心の中で君を探してはみたけれど
消えていくんだ全てがだから今僕にできることは

朝を告げる風になって君のもとへと
澄んだ空立ち昇る太陽と共に
今日をはこぶ風になって君のもとへと
いつまでも忘れない思い出と共に
今向かうよ夏を告げる風になって

夏を告げる風になって君のもとへと
青い空立ち昇る太陽と共に
夏をはこぶ風になって君のもとへと
笑って振り返られる思い出と共に
見守るよ遠くから
posted by support-spirits at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

メロディー

お待たせしました。六月リリース第一弾です。

どうもお待たせしました!
是非聴いてみてください!!

との事です。



『メロディー』
詞・曲 茨木つよし©
2008/05/31 Release

さっきまでの雨はやみ空に広がる虹景色
なぜだろう笑顔になれたこんな気持ちにもなれるんだ

遠くの方で歌が聴こえる気のせいかな?

あたたかくやさしく僕を包み込むメロディーよ
懐かしく心地よく僕を呼んでいるメロディーよ
僕を離さないで 僕も離さないから

心の迷いは消え空に広がる夢景色
なぜだろう素直になれたこんな気持ちにもなれるんだ

すぐそこで歌が聴こえる気のせいかな?

真っ直ぐに力強く僕の背中を押すメロディーよ
けがれなく堂々と僕の前を歩くメロディーよ
僕を追いていかないで 僕も追いかけ続けるから
ラベル:Release
posted by support-spirits at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

Step Forward

今日は何の日?

リリースの日。ちょい遅くなりましたが出ました。リリースコメントです。

お待たせしました!!新曲です!!
是非聴いてみて下さい!!




『Step Forward』
詞・曲 茨木つよし© 
2008/05/15 Release

迷いながらたどり着いた場所で僕は笑えているかな?
疲れ果てた心にほんの少しだけの休息を

人並みに押されて何かを見失ったあの日
人ごみを恐れて何かを感じたあの日
もう少し・・・もう少しなのに・・・

真っ直ぐに歩き続ける辛さに立ち止まってしまっても
必ず明日はやってくる怯えている暇はないさ
抱え込んでいる荷物の重さに足が止まっても
必ず未来は見えてくる信じてまた歩き出せばいい

確かめながらたどり着いた場所で僕は笑えているかな?
泣き苦しんだ心にほんの少しだけの安らぎを

やさしさに押されて何かを見失ったあの日
悲しみを恐れて何かを感じたあの日
あと少し・・・あと少しなのに・・・

振り返らず歩き続ける強さに憧れを抱いても
必ず明日はやってくる悩んでいる暇はないさ
長い上り坂見えない頂に足がすくんでも
必ず未来は見えてくる信じてまた歩き出せばいい

迷いながらたどり着いた場所で僕は笑えているかな?
疲れ果てた心にほんの少しだけの休息を・・・
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

自分探し

月 2 リリース第二弾です。
リリースコメントは以下です。

みなさんお待たせいたしました!
じっくり聴いてみてください。




『自分探し』
詞・曲 茨木剛史© 
2008/05/01 Release

なんでこんなに空は広く
なんでこんなに空は青く
なんでこんなに風は強く
なんでこんなに風は弱く

流れていく雲追いかけて
飛び回る鳥追いかけて
つかめるはずと頑張っている自分探す


なんでこんなに空は低く
なんでこんなに空は暗く
なんでこんなに雨は冷たく
なんでこんなに雨は寂しく

逃げていく雲追いかけて
隠れていく光追いかけて
つかめるはずと頑張っている自分探す

なんでこんなに夢は遠く
なんでこんなに夢は見えない
それでもつかみたいと頑張っている自分探す
ラベル:Release
posted by support-spirits at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

胸に手を

今後は月2のペースでリリースみたいです。楽しみですね♪
リリースコメントは以下です。

自分自身と向き合うこと、自分自身を知ることってものすごく難しくて、苦しくって、深入りしないほうが楽なのかもしれないけれど綺麗な言葉ばかり探し歩いていていいのかな・・・?
まだわからない・・・それでいいのかもしれない・・・。
自問自答をしつつ、聴いてもらった皆さんにも何かを感じてもらえたらいいのですが。




『胸に手を』

作詞作曲 茨木剛史©
2008/04/11 Release

心の傷を背負ってどこまで行くんだい?
拭えない忘れられない思い出抱えたままで

浮かびあがる今日の光 
叫んでいんいだよ泣いていいんだよ

失ってはじめて気付くことがある
何が大切なのか 誰が必要なのか
終わりのない人生を僕たちは歩いている
何を譲れないのか 誰を守りたいのか
さぁ胸に手をあててごらん

心の傷を癒してどこまで行くんだい?
見えない答えのない言葉達抱えたままで

震え落ちる今日の声
わからなくていいんだよ間違ってもいいんだよ

歩き出してはじめて気付くことがある
何が本当なのか 誰がそばにいるのか
未来へと続く道僕たちは夢見ている
何を求めているのか 誰を信じればいいのか
さぁ胸に手をあててごらん
さぁ胸に手をあててごらん
ラベル:Release
posted by support-spirits at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

君へのエール

遅ればせながらあけおめです。そして新曲です。以下、リリースコメントと曲と歌詞を。


冬の寒さが過ぎる頃、新しい出発を迎える人達・・・
それぞれに不安や期待を抱えてのスタートでしょうが、しかしそこには
まだ見ぬ明るい希望が開けているはずです。
だから、元気に歩きだしてほしい。
そんな気持ちを込めての応援歌です。
そしてまた、僕ら自身の決意を表したものでもあり・・・
この歌を Spirits の大事な友人であるM・Jの大いなるジャンプに捧げます・・・エール!!




『君へのエール』

作詞作曲 茨木剛史©
2007/01/23 Release

ゆっくり道を探していためじるし見失う時もあった
夢を叶えたいっていう思い目をとざしたい現実があった

重なり合う気持ちに戸惑う心の声
君の見えている光は終わりじゃなく始まり

*旅立つ君へ僕らからのエール
「頑張れ」「応援しているよ」ありきたりな言葉だけど
旅立つ君へ僕らからのエール
「巻けるなよ」「しっかりやれよ」ありきたりな言葉だけど
旅立つ君へ僕らからのエール

迷いながら道を探していためじるし見失う時もあった
伝えたかった僕の想い向き合うことのできた君への恋

逃げていく気持ちを離さない心の声
君の見えている光は終わりじゃなく始まり

*くりかえし

君の見えている光は
終わりじゃない終わりじゃない終わりじゃない始まり

旅立つ君へ僕らからのエール
ラララ・・・
旅立つ君へ僕らからのエール
ラベル:Release
posted by support-spirits at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

Silent Lights

リリースコメントとして「冬ピタな1曲です!」との言葉が添えられていました。



作詞作曲 茨木剛史©
2007/12/07 Release

キラキラと舞い落ちる光に 僕は目を奪われて
ひらひらと舞い飛び交う光に 僕は何を重ねる・・・

さっきまで感じてたあなたのぬくもり
街に鳴り響く笑い声あなたを見失う
さっきまでつないでた手に残るあたたかさ
街が変わっていく物静かに誰もが去っていく

足跡を追いかけてみても(もう)あなたはいない
一つ一つと消えていく街灯なぜかつぶやいた「ありがとう」

キラキラと舞い落ちる光に 僕は目を奪われて
ひらひらと舞い飛び交う光に 僕は何を重ねる・・・

もう少し話したかったあなたと二人で
街に包まれる優しさで涙が溢れ出す
もう少しそばに居たかった肩に残るあたたかさ
街が騒ぎ出す慌しく誰もが走り出す

足跡を探してみても(もう)離れていく心
ぽつりぽつりと落ちてくるしずくになぜかつぶやいた「ごめんね」

キラキラと舞い上がる光に 僕は目を奪われて
ひらひらと舞いゆれる光に 僕は何を想うのか・・・

浮かんでいく黄昏(たそがれ)色の空に 僕は目を奪われて
逃げていくあなたの想いに 僕は「さようなら」・・・僕はさようなら・・・
ラベル:Release
posted by support-spirits at 11:53| Comment(2) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

風にのせて



詞・曲/茨木つよし©
2007/10/16 Release

今もつぶやいている あなたの名前
今も待っている あなたの帰り

手を振ってみても 空に叫んでみても
届かない僕の想い風にのせても

いつか歩きたい あなたと二人で
いつか抱き寄せたい あなたのぬくもり

涙がこぼれ落ちても 胸が苦しく締めつけられても
消えない僕の想い風にのせても
届かない僕の想い風にのせても

今もつぶやいている あなたの名前
今も待っている あなたの帰り
ラベル:Release
posted by support-spirits at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一本道



詞・曲/茨木つよし©
2007/10/16 Release

曲がり曲がりくねった道に何を求めるの?
手にとりかけてた夢がするりと逃げていくよ
たしかに人はそれぞれの生き方があるから
自由に歩いたってかまわないのかもしれない

心の隙間を埋める余裕もないのに
平気な顔して「大丈夫」って強がってしまうものさ

一人はみんなのために みんなは一人のために
飛び方を忘れた鳥たちにあたたかい手を差し伸べよう
明るい未来のために たしかな未来のために
「笑顔」であふれる一本道を一人のためにみんなのために

平凡すぎる毎日に何を求めるの?
手のひらからこぼれ落ちていく「希望」
誰にも信じてもらえない時だってあるさ
誰もが深刻な顔して心配してるふりをする

心の扉を開く勇気もなのに
助けてほしいっていう言葉だけじゃ人は去っていく

一人はみんなのために みんなは一人のために
飛び回り始めた鳥たちにあたたかい拍手をおくろう
明るい未来のために たしかな未来のために
「やさしさ」あふれる一本道を一人のためにみんなのために

一人はみんなのために みんなは一人のために
飛び方を知らない鳥たちに青い光をみせてあげよう
明るい未来のために たしかな未来のために
「心」あふれる一本道を一人のためにみんなのために
ラベル:Release
posted by support-spirits at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

ひとり想い



詞・曲/茨木つよし©編曲/茨木たかし©
2007/09/05 Release

枯れ果ててしまった 僕の心はもう
新しい芽を生むことはないのかな

遠くに見える君の影
追いかけるだけの恋とはわかっているけど

すべて失うなら それでもかまわない
君を想いたい 描きたい君と未来を
言葉にできれば 怖いもんなんてない
君を想うだけ それだけで 幸せ

空に投げかけた 僕の言葉はもう
君に届くことはないのかな

遠くに見える君の姿
追いかけるだけの恋と想っていたのに

君がそばにいるのなら それだけでかまわない
一緒に歩こう 二人だけの未来を
立ち止まっている時だって 前へ進む時だって
君と二人 それだけで 幸せ

すべて失うなら それでもかまわない
君を守りたい 描きたい君と未来を
言葉にできれば 怖いもんなんてない
君を想うだけ それだけで 幸せ

続きを読む
ラベル:Release
posted by support-spirits at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | release | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。